アジアアロワナの餌について

アロワナは他の魚に比べるとかなりグルメで、一度好みの味を覚えるとそれ以外は見向きもしなくなってしまいます。

・人工餌

有名なところでカーニバルというのがあります。人口の餌なだけあって栄養バランスのとれた餌ですが、一度でも生き餌を食べたことのあるアロワナだとなかなか食べてくれません。もし慣れさせたいのであれば、幼魚のうちから人口の餌のみで育てるのも手かもしれません。生き餌に比べると価格も安く保管も楽なのでいいかもしれません。

・ミルワーム

ゴミムシダマシの幼虫です。おそらく一番多く与えられている餌ではないでしょうか。安価で保管も楽でとても重宝します。ミルワームは栄養価が高く、たんぱく質が豊富なので体が大きくなるというメリットもありますが、あまりミルワームばかり与えていると栄養も偏って、目垂れの原因になるという人もいます。

・コオロギ

フタホシコオロギとヨーロッパイエコオロギの2種類があります。フタホシコオロギの方が大きく黒光りした立派なものもいますが、良く鳴きます。ヨーロッパイエコオロギのほうは少し小さめであまり鳴きません。これは好みの問題になってくるかと思いますが、私はフタホシコオロギを与えていました。保管方法はタマゴの紙パックをたくさん入れて、あとは水を切らさなければOKです。水はペットボトルの下の部分を切り取って水を染み込ませたスポンジを入れておいてください。餌は野菜くずをあげてください。暑さに弱いので、直射日光のあたるところは避けてください。ケースの中は清潔にしないとすぐにコバエ等がわきますので、注意してください。アロワナの内臓に傷がつくといって、与える前に足を取ってから上げたりする人もいるみたいですが、私はそのままガンガン上げていましたがまったくも問題有りませんでした。

・金魚 (コアカ)

これもとてもポピュラーな餌のひとつで、栄養価も高く比較的手に入れやすいので、重宝している人も多いかと思います。ただ寄生虫がいることがあるので、一度薬浴をさせないといけません。ちなみに私は寄生虫が怖くなるべく与えないようにしてました。コアカはよく病気を持ち込むので、注意が必要です。

・カエル

アロワナにとって最適な餌だと考えています。まず食いつきがいい、栄養価が高い、ストックが楽、人工飼料も良く食べるのでたっぷりと栄養を取らせてから与えると間接的にアロワナにも栄養が回ります。ただカエルだけで育てるとコストがかかるのが難点です。くれぐれも自然から採取したカエルは与えないようにしてください。毒をもっているようで、死亡例が多数あります。

・ゴキブリ

マダガスカルコックローチ(フルーツゴキブリ)とデュビアの2種類があります。私は主にフルーツゴキブリを与えていました。どちらも栄養価はとても高くとてもオススメです。繁殖も非常に簡単なので家族の理解があればぜひ繁殖にもトライしてみてください、バンバン増えます。基本的には保管はコオロギと同じでいいと思います。

(生餌)デュビア(アルゼンチンモリゴキブリ) SMサイズ 50グラム(約100匹) 爬虫類 大型魚 餌 エサ 北海道・九州航空便要保温

・セミ

セミは売ってませんので、公園に網と虫かごをもって自力でとりましょう。夏場は私は休みのたびに取りに行っていました。食いつきはかなりよく、1回で4~5匹くらいはペロっと言っていました。