アジアアロワナの飼育環境について

・アロワナ水槽

基本的には水量が多く確保できれば出来るだけいいです。ただ幼魚のうちにあまり大きな水槽は必要ありません。最初は60cm~90cmくらいのサイズでいいでしょう。ショップにいるときはほとんどが45cm~60cmくらいの水槽に展示されていますので、突然大きな水槽に入れられると心細くなり落ち着きがなくなってしまい、隅っこでじっとしていて餌を食べなくなってしまったりすることも有りますので、最初は60cmくらい大きくて90cmくらいがいいのではないでしょうか。アロワナの種類にも寄りますが、紅龍の場合、最終的には幅1500×奥行き750×高さ600くらい必要なってきます、幅1200くらいから飼育可能と書いてあるサイトもありますが、私はあまりおすすめできません。水槽が小さいとアロワナもこれ以上大きなってはいけないと思い、餌食いも悪くなり迫力のあるアロワナに育ちませんし、顎ずれ等の症状も出てきてしまいます。幅も大事ですが、意外と大事なのが奥行きでアジアアロワナは体が硬いため、奥行きが600だとターンをするのが大変そうでう。水槽が小さいと水量も十分に確保できないため、水質が安定しなというデメリットもあります。

・ろ過そう・ろ過材

ろ過そうとは良質な水をつくるための重要な装置です。空気が汚いと人間も健康を害するのと同じように、きちんと水質が保たれないとアロワナも病気になってしまいます。ろ材は高いです。もしPHが安定するようなら軽石でもいいかもしれません。要は多孔質であれば問題はないと私は考えておりすが、ろ過能力が低いろ材を使用すると弱酸性をキープするのは難しいかもしれません。

ろ過の方法は

大きく分けて2パターン有ります。

1、水槽の下にもう一つ水槽を設置するオーバーフロー

メリット

・上部ろ過よりも水量・ろ材を多く確保できるため、水質が安定する。

デメリット

・初期投資が上部ろ過よりも高い

・水槽と合わせるとかなりの重量になってくるので、床の強度によっては設置できない。

賃貸のアパートでは床が抜ける可能性がある。

2、水槽の上部に設置するタイプの上部ろ過そう

メリット

・オーバーフローに比べて初期投資が安い

・メンテナンスが楽

・見た目がすっきりする

デメリット

・オーバーフローに比べるとろ過能力が低い

・あまり大きくなると水槽に負担がかかる

・ヒーターとサーモスタット

ヒーターは温度を上げるもの、サーモスタットとは設定した温度に保つ機械です。ヒーターカバーは火傷防止のため、付けることをおすすめします。両方とも容量があるので合わないものを使うとトラブルの原因となりますので、気を付けてください。水槽のサイズに合った一般的には28℃~30℃くらいに保っていれば問題ありません。

・エアレーション

意外と大切なのがエアレーションです。アロワナにとってもそうですが、バクテリアにも酸素を供給しなければなりません。アロワナのような大型魚を飼育する場合、ろ材の量も相当量となるため、バクテリアもかなり多量な酸素を必要とします。アロワナは餌を摂取して消化するのにかなりの酸素を必要とします。もし酸素が足りていないと消化不良となり、成長の妨げとなります。十分なろ材にもかかわらずPHが低い場合は、エアレーションを強化してみると意外とすぐに解決するかもしれません。

・照明

上部ライトと水中ライトがあります。綺麗に明るく見えるのは水中ライトですが、光が真上ではなく斜めから差すようになるため光の方が上だと勘違いをしてしまい、斜めに泳ぐようになってしまい結果、目タレの原因となってしまうこともあるので、もし使うなら正面と背面に両方使い上部ライトも併用して使うとバランスがとれます。水中ライトだと夏場は水温が上がってしまうというデメリットもあります。紅龍を赤くする方法として24時間点灯させておくという方法があります。私も少しだけ試したことがありますが、少し色が濃くなりましたが、ストレスが掛かっていそうなのですぐに辞めました。アロワナの色をより引き立てるライトも有ります。もちろん紅龍にも金龍にも使用可能です。